優良マッチングアプリの選び方
マッチングアプリは、異性との出会いをサポートしてくれる半面、危険もはらんでいます。利用者が悪意を持っていたり、アプリ自体が危険なものであったりする場合は思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあるのです。

悪意を持った利用者とのトラブルに巻き込まれないようにするためには、数点おさえるべきポイントがあります。

スムーズに出会える安全なマッチングアプリ

例えば、会員登録に書類などの手間が掛かるアプリや、仲介者がいるアプリなどです。いずれの場合も、ビジネス勧誘目的の業者や身体目的の悪質な利用者の参入を防ぐことができます。

この観点から、特に身元確認が必要なアプリなどはとても高い安全性があると言えます。

マッチングした相手と会う時

アプリで会話をしたとはいえ、相手の素性はまだまだ不明なところが多いです。相手が自分に暴力を振るうなどして被害を及ぼそうとしてきた場合、誰かがその状況を見ていれば証人になってくれます。

待ち合わせ場所は、人気の多い場所をチョイスしましょう。

マッチングする相手を見極める

チャットの内容から、相手がマッチングアプリを利用している目的を読み取るということです。

マッチングアプリの利用者には、身体目的の人間や、マルチ商法などのビジネスに勧誘してくる人間・業者、不正にお金を請求してくる業者などが混在していることが多々あります。

身体目的の人間は、やたら人目のつきにくい夜に会おうとしてきたり、会話を始めてから信頼関係も全く築けていないようなやたら早い時期に会おうと何度も持ち掛けてきたり、会話にやたら性的な内容を持ち込んできたりします。

本気で恋愛をしたいと考えている人ならば、一度相手が拒否したことは何度も自分の意見を迫ってこず、相手の考えを聞いてくれるはずです。

また、ビジネス勧誘や金銭の要求を目的としている者たちは、会話の中で仕事や生活水準などについてそれとなく尋ねてくることが多いです。相手の状況を伺っているのです。

こういった場合も警戒が必要で、他人の目があるところで会うことが大切になってくるでしょう。

既婚者なのか独身なのかを見極めることも重要

マッチングアプリで上手く繋がって恋愛関係に発展した相手が既婚者だった場合、相手の配偶者から慰謝料を要求されることがあります。

中には意図的に慰謝料目的で配偶者と組んで、故意にマッチングアプリから誰かと恋愛関係を結ぼうとしている人がいるケースもあります。

こういった場合、裁判沙汰になったりと大きなトラブルに発展してしまうことがあるので要注意です。

連絡先の交換はもっとも慎重になるべき部分

マッチングアプリ 連絡先の交換
LINEや友人と繋がっているTwitterなどのSNSを、相手に安易に教えないということです。こういったSNSのフォロー・フォロワー欄や「いいね」などから、周りの友人関係に影響を及ぼす場合があるからです。

自分が悪質な利用者によってトラブルに巻き込まれてしまった場合、そういった利用者が味を占めて友人に接触を試みたりする可能性があります。

また、個人情報保護の観点からも安易に友人の連絡先を晒すようなことはしないほうがよいです。

また、悪質なアプリを利用しないようにするためには、アプリの運営会社やアプリ自体の制度に関して十分なリサーチを重ねることが大切です。

・事業届の提出の有無
・会社情報掲載の明確さ
・プライバシーマークの有無
・本人確認の有無
・通報機能の有無
・アプリ利用条件の厳格さ

などは確認が必須だと言えます。

こうして見てみると、マッチングアプリには危険なことばかりなように思えるかもしれませんが、マッチングアプリは正しく使えば理想的な相手とのお付き合い、さらには結婚までにもつながる便利なツールです。

マッチングアプリを正しく使って、ステキな出会いを見つけましょう。

© 2021 【2021注目のマッチングアプリ】~料金や出会うコツを教えて!~